フォト
無料ブログはココログ

トップページ | アサヒカメラ5月号4/20発売 インドより »

2006年3月20日 (月)

寝転びギョラニスト bigmouth世界の寝転びから 第1弾は、NY

読者のみなさんこんにちは

いよいよ写真家 寝転びギョラニスト bigmouthの寝転び世界一周が始まりました!

第1弾は、寝転び本拠地NY・マンハッタンからお届けいたします。

こんなことがありました。その1

チャイナタウンで、路上の真ん中でいつものように寝転んでいたところ、後ろからスーッと黒い影が近づくような気がしました。私は、黒ラメの片目の覆面をしているため、背後の様子が死角になりまったく見えません。その時も、あまりその影を気にしないで、寝転んで撮影していました。そうすると

「ガハハ!!!LOOK!LOOK!見てみろ!!おもしろいやつが寝転んでいるぜ!!」

「ガハハ!!」

「おい!覆面カメラマン、お前名前は??握手してくれない??」

僕は、最初何のことか、さっぱりわからず、ゲラゲラ笑いながら、その白い服を着た男達に、こっちがポカーンとしていましたが、笑顔で手を差し伸べてくるので、よくわからないまま、思わず握手をしてしまいました。

が、、な、なんとこいつらは、患者を搬送中の救急隊員で、さっきの背後の黒い影は、大きな真っ白い救急車でした。緊急にもかかわらず、行く手をじゃましている謎の寝転び写真家に、患者をそっちのけで、ゲラゲラ笑いながら、降りてきたのでありました。10分くらいいたので、「患者、大丈夫??」っていうと、「わかった、行く!行く」と、

とってもうれしそうにピーポーピーポーとサイレンを鳴らしながら、去っていきました。 

アメリカは、いい感じにバカだねえ(笑) と思いました♪

NYは、素敵に寝転びやすい街です。

続く。。

トップページ | アサヒカメラ5月号4/20発売 インドより »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51785/748982

この記事へのトラックバック一覧です: 寝転びギョラニスト bigmouth世界の寝転びから 第1弾は、NY:

トップページ | アサヒカメラ5月号4/20発売 インドより »